産前産後の体の痛み
産前産後の痛み外来とは

 
 

産前産後の体の痛みの治療 

 
出産というのはお母さんにとって非常に大きなイベントです。
女性ホルモンのバランスが変化し 体は徐々に 出産に備えた体に変化していきます。
 
これに伴い全身の姿勢が変化し、出産時には骨盤が開き 赤ちゃんが通れる様になります。
出産後は変化した体を戻すこと同時に授乳のために カルシウムのバランスも大きく変わっていきます。
 
これだけ急激に変化が起きるためお母さんの体に トラブルも当然起こります。
特に運動器(腰、手足、肩、膝など)のトラブルは 多くのお母さんが経験します。
 
「こんな時はどこに行けばいいか、わからないんです」
 
そんな声を聞くことも多く、通常の整形外科では 治療できないと言われることも
多かったので前職場で 「産前産後疼痛外来」をはじめました。
お母さんの産前産後の体のトラブル全てに対して診察、診断、治療を 行い
気持ちよく育児ができる手助けになればと思い行なっております。
 
健康保険の適応になります。
詳しくは料金表をご覧ください。

 
 

 

産前産後の体の痛み

 

出産というのはお母さんにとって
非常に大きなイベントです。
女性ホルモンのバランスが変化して体は徐々に
出産に備えた体に変化していきます。
 
これに伴い全身の姿勢が変化し出産時には
骨盤が開き赤ちゃんが通れる様になります。
出産後は変化した体を戻すと同時に授乳のために
カルシウムを初めとした体の組成のバランスも
大きく変わっていきます。
 
これだけ急激に変化が起きるためお母さんの体に
トラブルも当然起こります。
特に運動器(腰、手足、肩、膝など)の
トラブルは多くのお母さんが経験します。
 
「こんな時はどこに相談すればいいの?」
 
そんな声を聞くことも多く、通常の整形外科では
治療できないと言われることも多く
困り果てたお母さんを見ることも多かったので
前職場で「産前産後疼痛外来」をはじめました。
お母さんの産前産後の体のトラブル全てに対して
診察、診断、治療を行い
気持ちよく育児ができるお手伝いに
なればと思っております。
 
 

健康保険の適応になります
詳しくは料金表をご覧ください。
 

 
何ができるの?
どんな症状なら受診する?

 産前産後の体の症状

 
妊娠中そして産後3年くらいまでの期間で
体において気になることがあれば、何でもご相談ください。
積極的な治療が必要なもの、経過観察で大丈夫なもの、極めて緊急性があるもの
など症状には様々な状態がありますが、
インターネットで調べたり 整骨院、整体院では鑑別しきれないことが多いので
一度当院で診察をすることが無難です。
体の出産前の状態に戻したい!なども
ぜひご相談ください。 
 
下記の症状に当てはまらなくても、ご遠慮なくご相談ください。
 

 

産前産後の体の症状

 

妊娠中そして産後3年くらいまでの期間で
気になることがあれば、何でもご相談ください。
積極的な治療が必要なもの、大丈夫なもの、
緊急性があるものなど様々な状態がありますが
インターネットで調べたり整骨院、整体院では
鑑別できないの一度当院で診察をすることが
母子共に安全だと思います。 
 
また体を出産前に戻したい!なども
ぜひご相談ください。
 
下記の症状に当てはまらなくても、
ご遠慮なくお気軽にご相談ください。
 
 

▶︎ 腰痛対策は骨盤ベルトだけと思っていませんか? ◀︎

 
妊娠中は妊娠後期から徐々に骨盤が開き出産に備えた体に変化します。その過程で
腰痛は出現するのですが、全ての腰痛がこれが原因ではありません。
骨盤ベルトを使うことで悪化する腰痛もあり、また骨盤と関係ない腰痛も多くあります。
当院では腰痛の原因を十分な診察で診断し適切な治療を行います。
 

  

▶︎ 抱っこが辛くないですか ◀︎ 

 
お母さんは自分のことはほとんどできません。
その結果として体は固くなり、色々な原因で肩こりや首のコリが慢性的になります。
それでも頑張る方は多いですが、症状がない方が楽になると思います。
マザーリハビリでかなり効果がでますので悩まずにぜひご相談を。
 

  

▶︎ 手足の妊娠中・産後の痺れ、辛くないですか ◀︎

 
妊娠中にふとした拍子に出る片足の痺れと痛み、産後に眠る時にも辛い手の痺れなど
ありませんか?中には治療を要する疾患も紛れています。
また症状を軽くする方法もありますのでご相談ください。
 

 

▶︎ 赤ちゃんを抱っこする時に膝が辛くないですか ◀︎

 
赤ちゃんをだっこしたり、物を取る時にしゃがむと膝が痛くなります?
ちょっとした方法で劇的に改善することもあります。
 

 

▶︎ カルシウムとビタミンD、足りていますか ◀︎

 
妊娠中、授乳中はかなりの量のカルシウムが必要になりますが、
多くのお母さんは摂取が足りていません。そのため骨がスカスカになりがちです。
授乳が終わるまでに背骨が勝手に折れてしまうことがあります。
気になる方は一度骨密度検査をお勧めします。
その結果を元に栄養や生活習慣について適切なアドバイスをお伝えします。
 

 

▶︎ 小さな悩みでも一緒に考えましょう ◀︎

 
上記以外にも専門でなければ分からない多くの産前産後の疾患があります。
痛みや痺れを我慢して、大変な育児を更に辛いものにする必要はありません。
100ある痛みを0には出来ないかもしれませんが、30には改善できるので
小さな事でもご遠慮なくご相談ください。
 

 

▶︎腰痛対策は骨盤ベルトだけ?◀︎

 
妊娠中は妊娠後期から徐々に骨盤が開き出産に
備えた体に変化します。その過程で腰痛は
出現しますが、この骨盤の変化が
全ての腰痛の原因ではありません。
骨盤ベルトを使うことで悪化する腰痛もあり
また骨盤と関係ない腰痛も多くあります。
当院では腰痛の原因を十分な診察で
診断し適切な治療を行います。

  

▶︎ 抱っこが辛くないですか ◀︎ 

 
お母さんは自分のことはほとんどできません。
その結果として体は固くなり、色々な原因で
肩こりや首のコリが慢性的になります。
それでも頑張る方は多いですが、
症状がない方が楽になると思います。
マザーリハビリでかなり効果がでますので
悩まずにぜひご相談を。

  

▶︎ 妊娠中・産後の手足の痺れ ◀︎

 
妊娠中にふとした拍子に出る足の痺れと痛み
産後に起きる眠る時にも辛い手の痺れなどが
出現したことはありませんか?
中には治療を要する疾患も紛れています。
また症状を軽くする方法も
ありますのでご相談ください。

 

▶︎ 抱っこする時に膝が辛くない? ◀︎

 
赤ちゃんをだっこしたり、
物を取る時にしゃがむと膝が痛くなりますか?
ちょっとした方法で劇的に
改善することもありますのでご相談を。
 

 

▶︎ 大事な栄養素、足りてる? ◀︎

 
妊娠中、授乳中はかなりの量のカルシウムが
必要になりますが、多くのお母さんは摂取が
足りていません。
そのため骨がスカスカになりがちです。
授乳が終わるまでに背骨が急に痛くなり
折れてしまうことがあります。
気になる方は一度骨密度検査をお勧めします。
その結果を元に栄養や生活習慣について
適切なアドバイスをお伝えします。

 

▶︎ 小さな悩みでも遠慮なく ◀︎

 
上記以外にも専門でなければ分からない
多くの産前産後の疾患があります。
痛みや痺れを我慢して、大変な育児を
更に辛いものにする必要はありません。
100ある痛みを0には出来ないかもしれませんが
30には改善できるので
小さな事でもご遠慮なくご相談ください。
 

産前産後痛み外来の治療は?
  • ・丁寧な診察
  • ・医師による治療
  • ・マザーリハビリ
  • ・抱っこ紐指導
  • ・骨密度測定
 ① 医師による診察

① 丁寧な診察

 
お母さんごとに症状が似ていても
痛みや痺れの原因は異なります。
実際に何が原因か?何が起きているのか?を
丁寧に整形外科的診察を行い調べていきます。
多くのお母さんを診察してきた経験で
適切な診断を行って行きます。
 
できるだけ動きやすい服装でご来院ください。
 
また産科婦人科領域の疾患が疑われる場合は
提携婦人科や淀川キリスト教病院など
高次機能病院にご紹介しますので
ご安心して受診してください。
 

 

 ② 医師による治療

② 医師による治療

 
診察を行った後は、それに対する治療を行います。
治療は妊婦さんの場合は赤ちゃんに影響のない
リハビリや装具を中心に行います。
 
産後のお母さんは上記に加え、症状が強く
特殊な治療が必要がある場合には医師にしか
行えない治療法としてハイドロリリースや
授乳に影響のない範囲で必要な薬を
使うこともあります。
 
治療を行う場合は詳しくご説明をした上で
行いますのでご安心ください。
 

 

 ③ マザーリハビリテーション

③ マザーリハビリ

 
各患者さんの状態、疾患に合わせて適切な
リハビリを提案して行なっていきます。
当院では日本でも数少ないマザーリハビリ専門
女性理学療法士が基本的に担当します。
通常のリハビリと違い「母の体」に特化した
日本でも有数のリハビリテーションです。
 
当院独特の目標達成システム
『プログラムマザーリハビリ』
で成果を目で見えるように工夫し
継続できるお手伝いをしています。
 
リハビリは2ヶ月での完成を目指します。
 
 
妊婦さんの場合は赤ちゃんに影響のない範囲
で行います。もし気になるようならご遠慮なく
セラピストにお伝えください。
 
お子様と一緒に入れるマザーリハビリ室を
準備していますのでリハビリ予約の際に
お申し付けください。
(妊婦の方は妊婦加算で無料で使用できます)
赤ちゃん用の簡易ベッドも用意しております。
 

 

 ④ 抱っこ紐アドバイザー

④ 抱っこ紐アドバイザー

 
多数の抱っこ紐メーカーと提携、協力し
開発を行なっている院長と
指導を受けた理学療法士
が抱っこ紐装着指導を行なっております。
 
抱っこ紐の装着がお母さんの首〜腰の痛みに
対して非常に重要な要素になりますので
適当に装着するのはおすすめできません。
 
お使いの抱っこ紐がある場合は
お子様と一緒にお持ちください。
 
また購入前のアドバイスなど行なっておりますので
ご遠慮なくご相談ください。
 
 
 

 

 ⑤ オーダー式骨盤マザーベルト

⑤ オーダー式骨盤ベルト

  
骨盤ベルトが何が良いかとよく聞かれます。
正直現在市販されているベルトは有名なものも
含めて、これ!という良いものがありません。
 
なぜなら患者さんごとに適切なベルトは
異なるからです。
 
そのため当院ではオーダー式の
仙腸関節ベルトを義肢装具士が
採寸して作成いたします
【毎週火曜日に採寸】 
 
(保健適応となります)
 
 

 

 ⑥ 産後骨粗鬆症検診

⑥ 産後骨粗鬆症検診

  
産後のお母さんの50%近くは
骨が脆くなりがちです。
なぜなら妊娠中のダメージと授乳で子供に
カルシウムを与えるためです。
多少の低下は問題ありませんが
中には骨粗鬆症の診断がつくほど
下がる方もおられます。
 
産後の骨粗鬆症の研究を行なっていますが
3割の方は骨密度が明らかに低下しています。
 
低い場合は積極的に栄養摂取を推奨しますが
自分がどうかを知ることが大事です。
 
健康保険ではお母さんの骨密度測定は
認められていないため保険が使えませんが
できるだけ自分のことを知ってもらいたいため
低料金で検査を行う自費診療として
骨密度測定や血液検査を行うことにしました。
 
(自費診療になります)
 

 


 産後骨密度測定                                    3000円(保険の場合、総額4500円)
 血液マーカー(スクリーニング含)                   4000円
 骨密度+マーカー検査                                 6000円

 

※ 全て結果説明を含むカウンセリング込